PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

れっつ、DIY! 防振ダンパーを作ろう

 一応、このブログにもアクセス解析を仕込んであったりするのですが、すっかり存在を忘れている今日此頃。
まぁ、訪れる人も少ないし、日記代わり、備忘録的ブログなので。
実際、"あれ、そういえばいつ頃だったっけ?" なーんて時に役立ってます(笑)

そんなアクセス解析、数日前の記事のコメントをきっかけに久々に見てみたら、結構「車載カメラ」「防振対策」で検索されいるようです。
最近はいろいろと車載しやすいカメラが沢山でていて、流行ってい(るのかな?)ますからね。

かく言う私も、そういう流れにのせられて車載動画を撮ってみて、最初に「うーん...」と思ったのが "...振動でブレブレ..."ってことです。
特に私の愛車はSR400。まぁおそらく他のバイクより振動が多いと思われます。
何とかならん物か、と思案した結果、"ふっ"と思いついたのが磁石の反発力を使った防振装置が作れないだろうか? と言うこと。

思い立ったが吉日、さてさて。






と、言うことで、だいたい以下の物を仕入れてきました。

ホームセンターで
・アルミの板

・ドーナツ型の磁石8ヶ
・磁石の穴に入りそうなボルト4本
・バネ4ヶ
・ナット、ワッシャー

カメラ用品店で
・小さめのクイックシュー

バイク用品店で
・ミラーに取り付けるバーブラケット

後は家にころがっていたもの、いろいろ。


201210-018.jpg

シリコンチューブの切れ端は、磁石とボルトの間の隙間を埋めるため。
布切れは、ボルトと磁石/アルミ版の間に入れて、音対策と滑りをよくするために使用。

ざっとこんな物を揃え、アルミの板を適当な大きさに2枚切り出し、きったアルミ版にボルトが抵抗なく通るくらいの穴4つ、クイックシューをつけたりマウントのためのU字金具固定用の穴をいくつか穿ちます。


それからボルトにバネやら布切れ、ワッシャー、シリコンチーブの切れ端を通し


201210-019.jpg

クイックシューをねじ止めし(クイックシューはインチねじなので注意)、穴をあけたアルミ版に下の要領で4本通して組み付けます。

201210-020.jpg


ナットの締め付け加減でダンパーの強さを調整して出来上がり。

201210-021.jpg

あまり弱いと余計にブレが酷くなるし、締め付けすぎても効果がわからなくなります。
まぁ、この辺は乗っては確認してちょうど良さげなところを探すしかないですね。



U字金具を、バイク用品店で売っているミラーに取り付けるタイプのバーブラケットに取り付けます。

201210-022.jpg


後はバイクのミラーに取り付けて出来上がり。

201210-023.jpg

まぁ何もしないよりはましかなぁ、と思います。欲を出すときりがないですが、まぁまぁの結果が得られたかな。
ただ細かい振動と、路面のギャップを拾った時などの大入力の振動を同時に抑えるのは難しく感じます。

撮ったカメラが違いますが、参考程度に 
 ダンパーあり動画 こちら
 ダンパーなし動画 こちら




後日談
さすがに他の方法でハンドルにマウントするよりは遥かに振動のない画がとれます。
が、スリックのクランプヘッドでフロントフォークにガッチリ取り付けた方が遥かに振動のない画が撮れるのでした...

そうやって撮ったのが  
こちら

まぁ、そんなもんですよね(苦笑)


| バイク | 20:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT