PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

車載カメラの振動対策

最近凝っている(と言うわけでもないですが ^^;)バイクの車載動画。

たまに通勤中に撮っていると、たまに面白いモノが撮れたりして、それなりに楽しかったりします。それにただ前方がずーっと映っているだけなのですが、なんか飽きなかったりするんですよねぇ。電車で先頭車両に乗ってずーっと前を見てても飽きない(えっ、飽きる ^^;)のと同じような感覚でしょうか。

ただ、通勤用のバイクの方はましですが、週末ツーリングに乗っているSR400の方、振動がすごいんです。

何度か車載動画を撮ってみましたが、振動で見られたもんじゃないんですよねぇ。

そこで、変な所で凝り性を発揮するわたくし。何とかならない物かと無い頭をひねって考えた...。

振動を抑えると言えば、ダンパー(車やバイクのサスペンションには必ず入ってますね)

で、まず考えたのが、ラジコンカー用のダンパー。
ググってみると実際やっている方もいそうですが、いろいろセッティングとかが難しそうだし、ラジコン用と言っても非常に奥が深そうです。

"うーん..."と更に考えることしばし...

磁石の反発力で作れない?

ググってみると、さすがに車載カメラでやっている方はいなさそうでしたが、空撮関係で磁気ダンパーをやっている所を発見。

なんとかなるかも。


思い立ったが吉日。早速近くのホームセンターで材料調達。


切って、穴空けて、組み立てて、

こんな感じ。
ちょっとごついですが(^^;)


早速、テスト走行。

路面のギャップによる振動までは拾いきれてはいませんが、バイクそのものの振動はかなり押さえられているようです。

まぁ、成功! かな(^^)

ただ、欠点はダンパー自体がカチャカチャとうるさいこと。

簡単に脱着できる方法と合わせて、欠点解消の方法に頭をひねりたいと思います(笑)

| バイク | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。